宮崎あおいが映画『怒り』のジャパン・プレミアで魅せた大人の色気!広瀬すず、肌を露出しても完敗・・・・まるで公開処刑!?

女優

0コメント

top_ph05
引用元:http://www.aoimiyazaki.jp/img/top_ph05.jpg

本名   宮﨑 あおい
生年月日 1985年11月30日(30歳)
出身地  東京都
身長   163 cm
血液型  O型

4歳の時、母親の「思い出に残るように」という理由で子役デビュー。CM(サントリー緑水など)や雑誌を中心に活動した。ドラマや映画にも出演していたが、名前の付かないような役が多かった。
役名をもらい、本格的に女優業を始めたのは1997 - 1999年頃から。映画デビューは大林宣彦監督作品『あの、夏の日 / とんでろ、じいちゃん』(1999年)で、その後、ピチレモンのモデル(ピチモ)として毎月レギュラーで登場して人気を得た。
映画『怒り』のジャパン・プレミアが開催!
ダウンロード
引用元:http://natalie.mu/media/eiga/1609/0914/ikari/extra/news_header_DSC_0271.jpg
 
9月14日に話題の映画「怒り」のジャパン・プレミアが開催されました。
主演の渡辺謙さんをはじめ、宮崎あおいさんや広瀬すずさん、妻夫木聡さんら
豪華出演陣が顔を揃えました。


ダウンロード (1)
引用元:http://image.eiga.k-img.com/images/movie/81486/photo/751b7cb53b67c242/320.jpg?1466040701
ある夫婦が惨殺された現場に「怒」の血文字を残して未解決となった事件から1年後。犯人は「山神一也」という人物だと判明するものの、整形手術をして逃亡を続けています。
疑わしいとされるのは3人の男。千葉県・房総の田代哲也、沖縄の離島にいる田中信吾、東京都内の大西直人。
それぞれの地でそれぞれの男に出会う人々の葛藤を描く群青劇です。

 引用元:https://www.youtube.com/watch?v=iMG1qVZ2dcs
 
宮崎あおいはシースルードレスで登場!

 9577
引用元:http://spyder7.com/imgs/zoom1/9577.jpg

宮崎さんは、ワインレッドのシースルードレスに
同色のブーツを合わせたスタイルで登場。

ヘアメイクは、艶やかな黒髪をひとつにまとめ、
鮮やかな深紅のルージュをひいていました。
「ドレスは肌見せこそ決して多くないものの、胸元がシースルーになっていて、彼女の柔肌が透けて見えているんです。ご存知のとおり宮崎は、胸は決して大きくない。それでも大人の色気が立ち上るようでしたね」
ハイネックだし、長袖だし、おまけにロングドレスだし、
露出がないのに、妙にセクシーですね!


広瀬すずはひざ上10センチでノースリーブで登場したが!?

ダウンロード (2)
引用元:http://natalie.mu/media/eiga/1609/0914/ikari/extra/news_xlarge_DSC_0301.jpg

一方、広瀬すずさんは淡いピンクが可愛らしい、
ひざ上10センチのノースリーブワンピースで登場。

ヘアメイクはちょっと外にはねさせたショートボブで、
宮崎さんよりも濃いボルドーに近いルージュをひいています。
肌見せは広瀬のほうが多いので、普通であれば彼女に目がクギ付けになってしまうところですが、この日は宮崎の完勝でした。
 このジャパンプレミアムに女性出演者の中で登場したのは、
宮崎さんと広瀬さんだけだからどうしても比較されちゃいますよね・・・・。
まるで公開処刑状態でしたが、なんてったって広瀬さんはまだ18歳ですから!!! 
三十路の宮崎さんとでは勝負にはならないですよね・・・・。


 映画『怒り』で宮崎あおい演じた愛子とは?

宮崎あおい演じる愛子とはどういった役どころなのでしょうか?
気になりますね!


ダウンロード (3)
引用元:http://natalie.mu/media/eiga/1601/0101/extra/news_header_ikari_20160101_01.jpg

千葉の漁港で働く渡辺謙さん演じる洋平の娘という役どころ!

愛子は3ヶ月前に突然家出をし、歌舞伎町の風俗店で働いていましたが
洋平に連れ戻されます。



20160708-ikari05
引用元:http://www.cinra.net/uploads/img/news/2016/20160708-ikari05.jpg

千葉に戻った愛子は、2ヶ月前から漁港で働き始めた
松山ケンイチさん演じる田代に出会い交際を始めます。

しかし、田代に未解決殺人事件の犯人ではないかと疑いが掛かり・・・・。

maxresdefault
引用元:https://i.ytimg.com/vi/aIFCb9JKdZw/maxresdefault.jpg

風俗店で働いて精神的にも不安定だったり
恋人が疑われたりと、なかなか難しい役柄です。


7キロも増量して撮影に!!

原作に描かれている愛子はふっくらとした体型だそうで、
宮崎さんは7キロも体重を増やして撮影に望みました!
「見た目ではなく、愛子が持つ危うさや純粋さを考えたときに宮崎さんが浮かんだ」と語っていた李監督。ところが「それ以上、やせないで」と指摘され、最終的には「太ってほしい」と注文があったという。「原作のイメージもありますが、愛子ちゃんは気持ちに油断がある娘なので。結局、プラス7キロくらいまではいきましたが、自分の目標には到達できませんでした」と悔しそうに笑う。
 元々細い宮崎さんなだけに、7キロの増量も大変なんですね・・・。
「しっかりごはんを食べたあとに、またごはんを食べます。例えば、白米にクリームチーズをかけて、おかかを乗っけてお醤油をたらし、ちょっと塩昆布をかけてかき混ぜるとすごくおいしくて(笑)。あとは寝る前にアイスを食べたり、なるべく動かずに1日中ゴロゴロしたり」。
そんな生活羨ましい!!
一度でいいからデブ活してみたい!


mig
引用元:http://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20160915%2F74%2F7193024%2F4%2F300x400x1c1aeb5399799697af136775.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r

確かに以前よりふっくらしましたよね!
だが、撮影が終わると、今度は次の仕事までの10日間で元に戻す、というさらなる試練が。「でも、減らす方がラクでしたね。徹底した食事制限とダイエットマッサージ、自力と他力で頑張りました」と笑顔を見せた。
2886_original
引用元:http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/topicks/article_thumb/2886_original.jpg

役者さんも色々と大変ですね・・・。

そうした努力の甲斐あってか、映画『怒り』では宮崎さんの新境地が見られるのではないでしょうか!
気になる方は是非劇場に足を運んでみて下さいね!

宮崎さんのご活躍がこれからもますます楽しみですね♪






 

コメント一覧

コメントする
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット